茅ヶ崎・寒川・藤沢・平塚を中心に神奈川全域での葬儀なら東洋典礼へ

「生前相談・もしものときは…365日24時間受付」フリーダイヤル:0120-73-0454

葬儀・仏事のあれこれQ&A

法事っていつまで行うのですが?何年後に何回忌なのでしょうか?

四十九日法要のあとは、一周忌(満1年目)・三回忌・七回忌・十三回忌・二十三回忌・二十七回忌・三十三回忌と続きます。 三十三回忌を年忌止めと言って、これで年忌供養を打ち切ることが多いようですが、五十回忌を営んで年忌止めにする場合もあります。 五十回忌、百回忌とできればそれにこしたことはありません。 (この場合、特定の故人を偲ぶというよりも、ご先祖さま全体に感謝するという意味合いが強くなり、場所によっては「お祝い」という雰囲気で豪華な宴となるところもあるようです。) なお、地方により、人によりで、十七回忌を省略したり、二十三回忌と二十七回忌を兼ねて二十五回忌とするなどしていることもあります。

本来、年忌法要の意味は、先祖や故人への感謝やあの世での幸福を祈り、残された現世の安穏を願うことにあります。

実際には、地域や宗派によって考え方が異なる場合もありますので、法事をお願いするお寺様にお尋ね頂くことが一番無難だと思います。