茅ヶ崎・寒川・藤沢・平塚を中心に神奈川全域での葬儀なら東洋典礼へ

「生前相談・もしものときは…365日24時間受付」フリーダイヤル:0120-73-0454

葬儀・仏事のあれこれQ&A

お焼香の回数について

仏教の各宗派でお焼香の回数が異なり、作法に違いがあります。葬儀を執り行う家族の方は、できる限り、ご自分の宗派の作法を覚えておかれるとよいと思いますが、一般会葬者が家族の宗旨に合わせることも難しいため、ご自身がお持ちになられている宗旨でのお焼香でよろしいかと思います。

また、大勢の方が集まられているご葬儀では、状況によりまして、お気持ちをしっかりと込めていただき、1回のご焼香で済ませることも大事なことです。

ここでは宗派別に表記しますので参考にされてください。

真言宗 3回 額にいただきながら行います。
浄土宗 1回~3回 特に決まりがありません。
臨済宗 1回 額にいただきながら行います。
曹洞宗 2回 1度目は額にいただき、2度目はいただかずにお焼香。
日蓮宗 1回又は3回 特に決まりはありません。
浄土真宗(西) 1回 額にいただかずにすぐお焼香。
浄土真宗(東) 2回 額にいただかずにすぐお焼香。
日蓮正宗 3回 額にいただきながら行います。
時宗 3回 特に決まりはありません。