茅ヶ崎・寒川・藤沢・平塚を中心に神奈川全域での葬儀なら東洋典礼へ

「生前相談・もしものときは…365日24時間受付」フリーダイヤル:0120-73-0454

葬儀・仏事のあれこれQ&A

葬儀に着用する服装に決まりはありますか?

喪服を着用して参列することが一般的です。喪服には正、準、略などの格式の差がありますが、現在は概ね略式を着用します。

男性は、ブラックスーツに黒のタイ、靴下も黒か紺。

女性は、洋装の場合、黒のワンピースかアンサンブル、ストッキングは黒かダーク系、和装の場合、色無地に黒い帯を締めます。

未成年者は、学生服や制服、あるいは紺やグレーのブレザーを着用します。

履物は基本的に男性の場合、黒色でエナメルなど光沢が強いものや金色や輝きの強い飾りがついたものは避け、女性の場合、踵の高いヒールや男性と同様、金色や輝きの強い装飾が着いている靴は避けた方がよいでしょう。

故人の死をいたむ気持ちを表すものですので、華美な服装や、肌の露出が大きい服装は避け、女性もお化粧は控えめにします。(モーニング着用の場合は昼間のみ、通夜は避けます)

また、職場などで訃報を受け、そのまま通夜に参列する場合には、特に派手な服装でなければ、そのまま参列しても問題ありませんが、出来ればネクタイだけでも黒系のものに変えておいた方が無難ではあります。