茅ヶ崎・寒川・藤沢・平塚を中心に神奈川全域での葬儀なら東洋典礼へ

「生前相談・もしものときは…365日24時間受付」フリーダイヤル:0120-73-0454

初めて葬儀を出される方へ

葬儀の流れ

葬儀の流れと言いましても、宗教宗派や地域によって共通部分もあれば異なる部分もございます。

東洋典礼では、どんな宗教宗派、地域での葬儀でもお手伝いさせていただきますが、ここでは現在のところ一番多いスタイルである仏式葬儀の流れを多少細かくご案内いたします。

危篤~病院からの移送

病院から危篤の連絡を受ける

病院に駆けつける

親戚、近親者に連絡をする

病院にてご臨終

病院から葬儀社のことを聞かれる「葬儀社は決めてある」とお伝えください

東洋典礼に連絡

病室から霊安室にご移動

死亡診断書を受け取る

医師、看護師のお見送りをいただき、霊安室を出発

ご自宅に安置が出来ない場合には東洋典礼にてお預かりすることも可能です

自宅またはその他安置所へ

ご遺体安置~枕飾り

自宅へ到着

安置する部屋の片付け、布団の用意

故人のお身体のためにドライアイスのご処置をさせていただきます

布団を敷いて、故人を北向き、または西向きにお寝かせする

神棚があるお宅では白い半紙などを用いて神棚封じを行います

東洋典礼にて枕飾り(お線香の支度)

ご家族ひとりひとりお線香を手向けます

枕団子、枕御飯、水を供します

葬儀の打ち合わせ

ご家族のご意向をお聴きしながら、葬儀のスタイル、規模、日程、料理、返礼品等を順番に決めてまいります。打ち合わせは、通常1~2時間程度かかります。

東洋典礼と葬儀の打ち合わせ

死亡届手続(東洋典礼が代行します)

火葬場の予約(東洋典礼が代行します)

お付き合いのあるお寺(菩提寺等)にお願いする場合には、お寺にもご挨拶に伺います

東洋典礼との打ち合わせ後、ご家族、親戚で役割分担、生花のとりまとめを行います

納棺(基本的には通夜当日)

納棺は可能であれば自宅で行いますが、その他、東洋典礼本社や斎場で行うこともあります。ここでは自宅で行うと想定いたします

湯灌の儀を行います

ご家族の手で故人に白装束(49日間の旅支度)を着せて差し上げます

故人のお身体をお棺へご移動いたします

お棺の中に故人の愛用品などを一緒に納めることも可能です。火葬場のルールで納められないものもございますので、東洋典礼スタッフにご相談ください

ご自宅を出発し、式場へ向かいます
(自宅で葬儀を行う場合はこのまま)

通夜

ご自宅から納棺を済まされた故人が式場に到着

生花等供物の順番確認

受付開始

お寺様が到着されましたら、ご挨拶

通夜開式
読経

ご遺族、ご親族のお焼香

一般参列者のお焼香

通夜閉式

お寺様にご挨拶

通夜振る舞い(食事)

東洋典礼スタッフと翌日の打ち合わせ

夜間、ご家族の負担を考え、7時間前後燃え続けるお線香もご用意いたします

線香の灯をお守りしながら宿泊

葬儀・告別式

受付開始

お寺様が到着されましたら、ご挨拶

葬儀・告別式開式
読経

ご遺族、ご親族のお焼香

一般参列者のお焼香

弔電のご紹介

お棺を開け、皆様でお花を納め、最後のお別れをいたします

お棺を閉じ、釘打ちを行います

最近は、心理抵抗感などの理由から、釘打ちは行わないケースも増えてまいりました

ご遺族・ご親族代表挨拶

出棺

火葬

火葬場到着

茶毘経・お焼香

火葬

この待機時間が1~1時間半程度あり、この時間で忌中払いの食事を済ませてしまう場合もございます

火葬が終わるまで休憩室で待機

収骨(お骨を骨壷に納めます)

初七日法要・忌中払い

寺院や料理店などに移動

初七日法要

初七日法要は繰り上げということで葬儀当日に行う場合が多くなっています。また、火葬場に行く前の葬儀式中に初七日法要で行うお勤めを行ってしまう場合もあります

忌中払い

精進落としと呼ぶ地域もあります

お骨、遺影とともにご自宅へ

終了